採用から退職までの諸手続・ご相談はお任せください 田中せいこ社会保険労務士事務所

賃金制度設計

賃金には会社の理念や指針、経営者の姿勢が数字となって表れています。
賃金制度設計とは、会社のビジョンを構築していく作業です。
旧態依然とした賃金制度は、過去の税法・社会保険法・労働法に対応するため、現在では意味の無くなった手当が複数あったり、従業員が将来の賃金を思い描けず、モチベーションが上がらない原因になったりしています。
より安定感のある強い会社となるために、賃金制度の見直しを、是非ご相談下さい。

賃金制度設計の流れ

現状分析(問題点の洗い出し・総額人件費、労働分配率)
基本コンセプトの明確化(求める人材の姿)
諸手当の見直し(必要な手当、不要な手当の整理、新規手当の検討、定義の明確化)
貢献度に基づくグレード(等級)の設定
基本給体系の選定(職務給、職能給、年功給)
役割等級制度の設定(役割=職種×等級)
役割評価シート作成(評価項目、判断尺度、ウェイト設定)
ギャップの検証(現行制度との比較)
新卒者、中途入社者の採用時賃金の設定
昇給ルールの設計(昇給表)
昇格ルールの設計
標準モデル賃金の作成(平均的に新制度で昇給、昇格した場合の推移)
賞与配分方法の設計
賃金規程作成(就業規則での明文化)・説明会

copyright©2017 田中せいこ社会保険労務士事務所. all rights reserved.

電話番号0533-83-8871
24時間OK!メールからお問い合わせ
情報満載!お役立ちコラムはこちら