採用から退職までの諸手続・ご相談はお任せください 田中せいこ社会保険労務士事務所

相談内容…

業績不振で給料を下げたい
毎年右肩下がりに売上が落ちています。
会社を存続させるために、断腸の思いで社員の給料を下げたいのですが…

 

アドバイス
原則として、会社の一方的な不利益変更は認められません。しかしながら、会社が倒産してしまったら、元も子もありません。そこで、労使間で十分な話し合いを行うとともに、以下の点を満たせば給与の減額も可能となります。

①会社が倒産してしまうなどの合理的な理由があること
②減給額や減給期間について十分な説明がされていること
③減給の措置の前に、役員報酬の引き下げ、資産売却、経費削減などの対策が講じられていること減給は、社員にとって生活上の大きな不安となります。専門家を交えて慎重に行う必要がありますので、ご相談下さい。

copyright©2017 田中せいこ社会保険労務士事務所. all rights reserved.

電話番号0533-83-8871
24時間OK!メールからお問い合わせ
情報満載!お役立ちコラムはこちら